絶対失敗したくない矯正治療!良い矯正歯科を選ぶ基準とは?様々な情報にあふれ、調べても何が良いのかわからない・・そんな疑問が少しでも解消できれば幸いです。

上顎前突(出っ歯)

出っ歯の原因として、 「上顎が大きいことによるもの」「下顎が小さいことによるもの」「歯だけが出ているもの」等があります。診査・診断を行なった後、状態により歯を抜くかどうかや矯正用アンカースクリューの使用等治療方針を決定します。

治療例①(非抜歯症例)

永久歯列上顎前突非抜歯治療前後正面観
永久歯列上顎前突非抜歯治療前後側面観

成長期の患者さんの場合、混合歯列期(永久歯への生え代わりの時期)からアプローチすることで、大きい上顎の成長を抑制するとともに、歯を後ろに動かし歯を抜かずに出っ歯(上顎前突)を改善できることも少なくありません。

治療例②(抜歯症例)

永久歯列上顎前突抜歯治療前後正面観
永久歯列上顎前突抜歯治療前後側面観

成長期の患者さんであっても、上顎前突の程度が大きかったり、永久歯が生えてきてからのアプローチであったりなどの理由から、歯を抜いて出っ歯(上顎前突)を改善することもあります。成長晩期であったり、成人の方の治療の際は矯正用アンカースクリューの使用が主流になってきてはいますが、その際も抜歯を併用することは一般的です。

    PAGETOP
    Copyright © 矯正歯科の選び方 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.